二の腕のブツブツを速攻で治すなら皮膚科の薬がおすすめ!?

二の腕のブツブツを速攻で治すなら皮膚科の薬がおすすめ!?

二の腕のブツブツは小学生高学年あたり〜思春期にかけて約4人に1人が発症し、その後30歳を過ぎると自然に消えると言われています。

 

しかし多くの方は思春期や20代にすでに二の腕のブツブツに対して悩みを抱えていて、30歳までよりも早くに改善したいと考えています。

 

30歳を過ぎても二の腕のブツブツが改善されていない人は、次は閉経まで待てば自然に消えると言われますが、今すぐ改善したいのにと途方にくれます。

 

敏感肌えみ
今すぐ改善したいから聞いてるんです!って言いたくなりますね。
乾燥肌なな
  • 皮膚科に行けばあっという間に治療してもらえる

そんなことないですからね!!

 

ここでは二の腕のブツブツを速攻で治したい人に皮膚科の薬がどの程度有効なのか、体験談や皮膚科で処方される薬について紹介しています。

ですから受診する前の判断基準を持つためにも熟読してみてくださいね!

 

二の腕のブツブツで皮膚科の薬を使用した人の体験談

二の腕のブツブツで皮膚科を受診される患者さんの多くは女性です。

皮膚科により若干処方される薬に違いはあるのですが、大きく異なるとは考えにくいので実際に受診した方々の体験談をご覧ください。

 

一過性のアレルギーによる蕁麻疹やダニ・汗疹ではなく、毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)と診断された方の体験談となっています。

 

皮膚科の薬は二の腕のブツブツに効果なしという声

40代女性
毛孔性苔癬は悪性の病気ではなく、世界的な研究数が少ないため一般的な皮膚科に行っても、遺伝で年齢を重ねていけば自然と消えると言われてしまいます・・。

私の経験上保湿系の塗り薬が処方されますが、これだけで完治はまずあり得ないです!

美容クリニックは掛かる金額も違うので確実だと思いますが

私は医者ではないので自己責任でお願いします。

30代女性
普通は若い頃に発症して歳をとると消えると皮膚科の先生に言われていたけれど、30歳を超えても酷くなる一方です!

皮膚科では尿素クリームを処方されるのがほとんどですが、かろうじて手触りが改善したような気がするものの

見た目の改善は期待できないです・・・。

病院の皮膚科を受診しても、医師が処方箋を書いたり治療することはあまりないような気がします・・・。

*実際に一般的な皮膚科を受診した方の個人的な体験談です。

 

皮膚科の薬で二の腕のブツブツに効果ありという声

20代女性
毛孔性苔癬はピーリングを受けて、毎日薬を塗っても、完全にツルツルにするのは難しいかもしれませんが

完全には治らなくても目立たなくはなります!

30代女性
皮膚科に行ったら毛孔性苔癬と言われ、ケラチナミンという尿素クリームを処方されたのですが効果ありでした!

二の腕のブツブツはほぼなくなり、色素沈着のようなシミは気になりますが改善されました。

20代女性
皮膚科に行きましたが、治らないと言われました.

尿素入りのクリームで若干良くなったような気がしています。

*実際に一般的な皮膚科を受診した方の個人的な体験談です。

 

普通の皮膚科で処方される薬とは

二の腕のブツブツを速攻で治すなら皮膚科の薬がおすすめ!?

普通の皮膚科でもらった薬は保険適用で3割負担ですし、医師が処方したものなので安心して使用できるというメリットがありますよね。

 

敏感肌えみ
これは嬉しい!

 

病院にもよりますが、皮膚科では保湿効果のある尿素クリームを渡されることが多いようです。

 

また、皮膚科には一般的な皮膚科美容皮膚科があります。大きな違いは、

  • 保険が適用されるかされないか
  • 健康面を重視するのか美容面も重視するのか

というところですね。

 

乾燥肌なな
二の腕のブツブツは尿素入りクリームとかは3割負担でいいけど、本気で治そうと思うと保険適用外になることがほとんどなんです。

 

一般的な皮膚科で処方されている薬の種類

ここではみなさんの多くがまずはじめに足を運ぶであろう普通の皮膚科の薬をみていきます。

皮膚科で処方される薬には以下のようなものがあります。

*必ずしもここであげたものが処方されるということではありません。

 

二の腕のブツブツが硬い場合

サリチル酸ワセリン角質を柔らかくする効果があります。

オキサロール軟膏→活性型ビタミンD誘導体で、表皮角化細胞の増殖を抑制しブツブツに効果があります。副作用として痒み・皮膚刺激などが出ることも・・・。(出典:くすりのしおり http://www.rad-ar.or.jp/siori/kekka.cgi?n=9738)

 

赤みを抑える場合

ヘパリン類似物質の配合されたクリーム→保湿・抗炎症作用

リンデロン→ステロイド成分と抗生物質を含みます。二の腕のブツブツ自体にではなく、赤み・炎症に効果があります。

 

敏感肌えみ
先生ー!難しい名前とかはわかりません!

 

尿素入りクリーム

  • ケラチナミン
  • ウレパール
  • パスタロン
  • アセチロール(ジェネリック医薬品)
  • ワイドコール(ジェネリック医薬品)

ジェネリック医薬品の場合は、医師に処方してもらいます。

 

乾燥肌なな
先生て・・・。
特に知っておかなくてはいけないということではなく、必要な時に開いてくれればいいですよ。

 

保湿剤

皮膚科で処方される保湿剤として「ヒルドイド」が主流で、皮質はもちろん角質を柔らかくする働きもあります。

 

ビーフソフテンもヒルドイドと似た保湿剤ですのでよく処方されるでしょうし、低刺激で肌のトラブル状態を保湿するのにワセリンも人気ですね。

 

ほとんどの薬に配合されている尿素とは

尿素は角質を柔らかくする作用があり広く用いられていて、ひざやかかとのごわごわした皮膚のひび割れなどにも尿素が使用されることがあります。

 

敏感肌えみ
尿素って優秀なんですね!
じゃあ尿素配合のものを購入すればいいんですよね?

 

しかし尿素は皮膚の分厚い部分には向いていると言われており、二の腕などの皮膚の薄い部分や敏感肌の人の長期的な使用は、肌のバリア機能の低下をまねく恐れもあります。

 

乾燥肌なな
えみちゃん、尿素が配合されていればいいってわけではないんです!!

 

なので人によっては尿素の配合されていない肌に優しいクリームを使用する方がいい場合もあるということを知っておきましょう。

 

皮膚科で処方される薬で美白効果の有無

皮膚科で毛孔性苔癬と診断された際には基本的に尿素入りクリームを処方されることが一般的です。

 

敏感肌えみ
じゃあ処方された尿素クリーム

  • 色素沈着
  • クレーター状の跡

とかを改善できるのかどうかが気になります!!

 

残念ながら尿素クリームに美容面でも効果を期待するのはナンセンスです!

 

しかし、炎症後色素沈着の改善方法として

  • シナール錠(飲み薬)
  • トランサミン(飲み薬)
  • ハイドロキノン(塗り薬)
  • トレチノイン軟膏(塗り薬)

などを処方してくれることがありますので、その場合は医師に相談してくださいね!

 

乾燥肌なな
尿素クリーム自体には二の腕のブツブツの角質を柔らかくする効果はあるけど、美白効果はないってことですね。

 

これらは美容目的のため保険適用外となっています。

 

二の腕のブツブツで保険が適用されるかされないかの違い

イボやアザの除去といった「病気のための治療」であれば保険が適用されますが、毛穴の治療の場合、病気とは判断されず保険適用外となることがほとんどです。

 

ただし、ニキビや湿疹・蕁麻疹などに対しての治療は保険適用となります。

 

しかし、多くの人が悩んでいる二の腕のブツブツの毛孔性苔癬は、レーザーなど美容目的で本気で消し去ろうとする場合保険が適用されないです。

 

敏感肌えみ
こんなにみんな悩んでいるのに・・・・。

 

皮膚科で処方される薬と市販薬との違い

二の腕のブツブツを速攻で治すなら皮膚科の薬がおすすめ!?

率直に言って、皮膚科で処方されるクリームも市販されている塗り薬も、だいたい尿素の配合は10〜20%と差異は見られません。

 

およそ効果が出るまでの期間にも差があるとは考えにくいです。

 

ジェネリック医薬品の場合は皮膚科の医師に処方をお願いする場合がありますが、あえてジェネリック医薬品の尿素クリームを使用することのメリットは、二の腕のブツブツ(毛孔性苔癬)の場合あまりないように思います。

 

敏感肌えみ
じゃあ皮膚科に行かずに、市販薬で済ませればいいってことですか?

 

皮膚科で処方される保湿剤と市販薬との違い

ヒルドイドはジェネリック医薬品で処方薬であるため、皮膚科で処方してもらってから薬局で入手する必要があります。

 

しかし、尿素同様に保湿剤ですので市販薬で同じような効果を発揮するものがないわけではありません。

ヘパリン類似物質のくすりであればヒルドイド等と同じような使用感だと言われています。

 

乾燥肌なな
皮膚科ではそもそも症状の診断をしてもらえます!

加えて保険適用の3割負担で済むってことがメリットとして1番大きいと思います!

 

二の腕のブツブツの一般皮膚科以外の対処法

二の腕のブツブツの原因のその多くは

  1. 遺伝
  2. 乾燥による毛穴の角質の詰まり

とされていますが、

2.乾燥による毛穴の角質の詰まり  を対処することで改善していく方法が主流となっています。

 

では皮膚科以外での二の腕のブツブツを治す方法を見ていきましょう。

 

市販されている薬

ドラッグストアの棚には二の腕のブツブツケア用の商品がたくさん並んでいます。

 

これらの多くは皮膚科で処方される塗り薬同様に尿素クリームが配合されているものがほとんどですが、効果については個人差が大きく合う合わないもあります。

 

価格面ではかなりお手軽に購入することができ、代表的なものをあげると

  • ニノキュア
  • ザラプロ

が多くの方に知られている商品となります。

 

敏感肌えみ
なるほど!これらで対応できるなら話は早いですね!
私は敏感肌なので、もう少し肌に優しい成分のものがいいんですけど何かないですか?ななちゃん!

 

二の腕のブツブツケア用の市販品以外の薬

最近では、ドラッグストアに商品を陳列するよりもネットで商品が売れることが多くなってきました。

 

実はドラッグストアに並ぶまでには多くの流通コストがかかってしまい、いい商品でも大手でなければ流通させることができないことも・・・

しかしそれでは私たちにとっても損失ですよね!

ネット通販であればそんなことはないのです♫

 

特徴としては、皮膚科や市販薬とは違い「尿素」が配合されていないものが多いです。より女性向けに、肌に優しく長期的な改善を促す保湿に特化したクリームが人気

 

おすすめは

  • ピュアルピエ

という二の腕のブツブツケア用の医薬部外品です。

通販のメリットとして、返金保証制度があるので手を出しやすいです。

 

乾燥肌なな
えみちゃんのように無添加なものを好む女性は多いですが、そういう方にもピュアルピエは合うと思いますよ♫

 

 

生活習慣

二の腕のブツブツを速攻で治すなら皮膚科の薬がおすすめ!?

ほとんどの方が、薬やピーリングに頼ろうとして目を背けがちなのがこの生活習慣になります。

確かに速効性を求めるなら塗り薬や皮膚科にかかることも否めませんが、生活習慣の改善が生涯にわたって皮膚にいい影響を及ぼすことも知っておく必要があります。

 

敏感肌えみ
健康=美容って方程式は本当だったんですね!

例えば・・・

ポテトチップスとかもダイエットにはよくないから、二の腕のブツブツにもよくないのかな?

 

二の腕のブツブツの主な原因は乾燥だと言われていますがそのほかにも

  • 肥満
  • 紫外線
  • 血行不良

いずれも毛穴の角質の詰まりを引き起こしやすいのです。

 

生活習慣を改善された人の中には、運動や半身浴を繰り返すことで汗をたくさん流し、保湿を心がけていたら徐々に二の腕のブツブツが改善されたという人もいます。

 

個人差があることですが、このような事例は老廃物を流し肌のターンオーバーを促進する行為なので理にかなっていると言えるでしょう。

 

乾燥肌なな
ポテトチップスも皮脂を増やすので、好ましいとは言えないですね〜!

塗り薬などと平行して健康的な生活習慣を心がけるとより早く改善に向かうはずです。

 

美容皮膚科のケミカルピーリング

こちらは美容皮膚科を受診されると受けることのできる治療方法です。

一般的な皮膚科と美容皮膚科では、金額も治療の仕方も薬も異なります

 

 ケミカルピーリングとは、皮膚に化学薬品を塗り、皮膚を剥がすことによって起こりうる現象や効果を利用して行う治療のこと

出典:公益社団法人日本皮膚科学会 https://www.dermatol.or.jp/qa/qa25/

毛穴に溜まった古い角質をフルーツ酸やグリコール酸などの薬品を塗ることで溶かし毛穴の角質の詰まりを改善していきます。

 

治療期間:3ヶ月〜5ヶ月

治療回数:2〜3週間毎に5〜6回

治療費目安:1回数千円(3000〜5000円の場合が多い)

 

ケミカルピーリングは敏感肌・乾燥肌・アトピーや皮膚が薄い人は不向きです。

 

敏感肌えみ
値段が桁違いになりましたね・・・。

 

美容皮膚科のレーザー治療

こちらも美容皮膚科のクリニックでの治療で行われる治療法です。

保険適用外のためお値段も高く、かなり二の腕のブツブツの症状が深刻な方が受けられることが多いようです。

 

合う人では肌の真皮層にまでレーザーの熱を届けるため再発もないのだそうですが、やはり合わない人は高額にもかかわらず納得のいく結果を得られないこともあるため、慎重に判断する必要があります

 

  • 治療期間:数ヶ月(各回1ヶ月毎)
  • 治療回数:数回(4~5回の場合が多い)
  • 治療費目安:範囲によりけり , 数回受けるコースだと数十万円

 

乾燥肌なな
かなり深刻に悩んでいる人はやっちゃいます!

 

一般皮膚科の薬はこんな人におすすめ

ここまで皮膚科の薬についてみてみましたが、どこの皮膚科でも尿素入りクリームを勧められるでしょう。

 

敏感肌えみ
つまるところ皮膚科はどんな人におすすめですか?

 

それは・・・

  • きちんと医師に診断してもらった方が安心
  • ブツブツの症状がアレルギーか毛孔性苔癬か知りたい
  • 病院の処方薬の方が安心できる
  • 市販薬はあまり合わない

このような人は皮膚科を診断してみてください。

 

反対に皮膚科がオススメではない人の特徴もあげてみましょう。

 

おすすめしない人

  • 皮膚科の処方薬にこだわらない
  • アレルギーやあせも・ニキビではない
  • できれば自力で治したい

こういう方は毛孔性苔癬で一般の皮膚科を受診しなくてもいいと思います。(美容皮膚科はまた別)

 

二の腕のブツブツは皮膚科に行ったからといって確実に治るものでもなければ、ましてや速効性のある薬を処方されるということもありません

 

乾燥肌なな
ドラッグストアでも同じような成分の薬が購入できるわけなので・・・!!

 

治ったという人の声もありますが、その人には合っていたという認識にとどめておくのがいいでしょう。

市販薬や尿素入りではない医薬部外品も検討してみるのがいいですね!

 

二の腕のブツブツを速攻で治すまとめ

敏感肌えみ
結局、二の腕のブツブツは皮膚科に行っても速攻で治すことはできないってことですか?

 

期待している答えとは違って申し訳ありませんが、万人に必ず速攻で効果の出る薬というものは見当たらないのが現状です。

 

一般的な皮膚科では健康上の問題がないため、真剣に治療をしようという先生が少ないという印象は、体験談からも受けざるをえませんでしたね。

 

皮膚科で処方される尿素クリームや保湿剤の多くは、薬局でも手に入るものとそんなに違いがないという声もあります。

それこそお金をかけてレーザー治療などありますが、それでも数ヶ月はかかりますし、100%ではありません。

 

また尿素クリームは肌に負担がかかるため敏感肌の方や長期的に使用を続けたい人には向きません

乾燥肌なな
オススメは

  • 尿素を使用していない二の腕のブツブツケア用品
  • 長期的に使用しても肌に負担のないケア用品

これらを使用しながら平行して肌の保護・保湿を心がけるのが近道だと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です